• iPhone7sの長押し機能

    iPhone7sではアイコンなどで長押しすると追加機能を利用することができます。



    画面にさまざまな情報が表示されますがそれらには長押し機能も追加されていることがあるので知っておくとさらに便利に利用できます。


    iPhone7sの長押し機能はたさんあり、すべてを覚えておくのは大変ですが、いくつか覚えておくと便利な機能をまとめます。


    iPhone7sでは文字入力の際にキーボードが表示されますが、そのキーボードには文字キーがある場合には変換の際に利用できる機能が割り振られています。

    自分に合ったT-SITEの情報はかなり役に立ちます。

    文字キーを長押しすると変換候補が表示されます。

    日本語、アルファベットで動作が異なりますが、変換候補のうち、利用したい文字までスライドさせればそのまま入力となります。

    アルファベットの場合は、.comなどのアドレス入力で便利なことも多いので是非とも利用したいものです。



    文字入力については日本語、アルファベット、数字とキーボードを切り替えて利用する方が多いと思いますが、数字入力中に英字キーを長押ししてアルファベットを入力すれば元の英字モードで入力を戻すこともできます。長文を入力している最中など、キーボードの交換が面倒な場合には使えるテクニックです。