• iPhone7sの充電で考えたいこと

    iPhone7sはiPhone5からライトニングケーブルになったので、それまで使っていたケーブルはアダプタなしでは使えなくなりました。ケーブルは別になりましたが充電器はUSB出力であればそのまま利用できます。



    ただし、充電器ではいくつか注意しておきたいポイントがあります。一つ目のポイントは出力アンペアです。


    充電器にはUSB出力ごとに出力できるアンペア数が決まっています。


    iPhone7s用として販売していれば1アンペアは出力できるものが多いのですが、気をつけたいのが複数のUSB出力がある場合です。
    この場合、トータルのアンペア数が決まっており、ひどい商品だと合計1アンペアという商品もあります。

    しっかりとしたgoo ニュースに関する情報満載です。

    複数のiPhone7sやipadをつなぐと個別では充電できてもまとめてだと充電できない充電器もありますので出力を確認する際には個別、トータル双方の出力アンペア数を確認しなくてはいけません。

    2つ目のポイントはipad対応しているかです。


    ipadの充電は2アンペア必要です。



    iPhone7sには大きすぎると考えがちですが、2アンペアであれば充電時間を短縮でき、本体には悪影響ないレベルなので購入する際にはipad用がオススメです。

    ただし、車で利用する際には車のオルタネーターの出力によっては充電器を複数使えないこともあるのでその際はアンペア数を落とした充電器を選ぶ必要があります。